ネーミングは大切

こんばんは、鹿児島県伊佐市のスイーツショップ

新富大生堂、三代目

トミーこと

新富哲郎です。

先日は伊佐市の菓子組合の総会を

友人の智くんが経営するグラツィーエさんで行いました。

(もう、3件しか加入してないのです 汗)

で、ですね

その中でキャラデコの話になりまして

組合に加盟してるところで作ってるのは一件だけになっていて

新富大生堂では以前は作ってましたが今は作ってません377546_157318987699890_27966317_n

画像は4,5年前に作ったピカチュウ

今、ポケモンとか作ったら売れるとは思うんですけど〜

作らなくなったのは、やはり味が落ちてしまうから

製作に時間がどうしてもかかって、生クリームの状態が悪くなる

ピューレやジャム、チョコレートでキャラを書くので美味しさ半減

ということで、申し訳ないんですけど

お断りしてる状態です。

ちょっと、話がそれましたが

作ってるお菓子屋さんも、最近、急に視力が落ちて来て

というか老眼がすすみ(汗

「見えにくくなって、書けんど!」

他の2人も頷く(泣

 

まぁ、それはさておきですね

本日のタイトルのネーミングは大切なんですけど

(前振りが長い 汗)

今日、スタッフと目の話になりまして

「老眼鏡これ、ネーミングを替えてみて『快適グラス』とかどう?」

と言ったら、

「それ、いいですね!」の答え(笑

『老眼鏡作る』といったらなんだかネガティブな感じで

『快適グラス作る』と言ったらなんだかいい感じ

 

昨日の記事の「ジュレ・ド・レザン」→「ぶどうゼリー」や

「タルトレット・シトロン」→「レモンタルト」と言った

分かりやすくすると言ったネーミングの話ではなく

ネーミングを変えることで意味合いも違ってくるのでは

と言う事です。

7af80e99e104a0abb791

「かるかん」なんかは「かるかん」以外に考えられないかも

 

以前友人がたしか

西田文郎先生が「暴走族」を「珍騒団」と呼べば格好わるくて

居なくなるの例から

「危険ドラッグ」も危ない感じが逆に若者を引きつけると

ブログに書いてました。

とっても同感、なので

個人的には「ヨダ◯くすり」という名称にすれば

「お前、ヨ◯レくすりなんかやってんの?ダッセー」

となるのでは?

(事故してる映像で必ず◯ダレ垂らしてますからね)

取りあえずはお菓子屋のブログなので◯で伏せますけど〜(笑

 

で、ですね

キャラデコに描いてるポケモン

ポケモンGOが社会現象となってますけど

 

ポケモンPON

 

だったら社会現象にはならなかったかも?

 

ネーミングって、深いところで人に影響を及ぼすものだな

などと

最後はまともに締めてみる

 

今、そんな感じです!

 

以前の記事はアメブロさんで

http://ameblo.jp/shintomi-taiseido/

この記事がいいね、と思ったらシェアして下さいね