「もう一度食べたい」「もう一個食べたい」

こんばんは、鹿児島県伊佐市のスイーツショップ

新富大生堂、三代目

トミーこと

新富哲郎です。

11月に入り

といっても昨日の事ですが(汗

今年もあと2ヶ月となりましてですね

こちらのお菓子もあと1ヶ月ぐらいの販売となってます。

DSC_4615

秋のスペシャル「マロンパイ!」

で、ですね

先日、10/31に

奄美のTさんからマロンパイの感想いただきました!

cci20161102

こんな感じです!

マロンパイの文字がFAXのため、ビヨ〜ンと伸びているのが

なんだか、ハロウィーンっぽくて、おお、タイムリー

更に、字がきれい!

と、変な所に反応してしまいました(笑

いや〜、

「ほっぺが落ちるゥ〜」と笑顔で食べてます。

ありがとうございます。ごちそう様でした。

とのことですが、

こちらこそ、こんな、嬉しい感想をいただいて

気分が上がります!です!

しかも、色々な飲み物と合わせて食べてもらえているのも嬉しい

(ハーブティーか〜、なんてシャレオツ)

贈って下さったお客さんにも感謝やわ〜(←なぜか関西弁)

贈って下さったお客さんがいなかったら

Tさんとマロンパイは出会わないわけですからね〜

特に頂き物として食べて、その後ご注文くださるのはとっても嬉しいのです。

と言うのもですね

新富大生堂のお菓子をお客さんに出す基準は

「もう一度食べたい」「もう一個食べたい」と思ってもらえるかどうか

を基準にしていて

お菓子は世の中に沢山溢れています。

コンビニスイーツとかも年々レベルが上がって来ていて

お客さんの舌も肥えている今

「もう一度食べたい」「もう一個食べたい」

と思ってもらえるって結構難しいと思うんですよね

ですけど、ご縁のあったお客さんに

「もう一度食べたい」「もう一個食べたい」

そう思ってもらえたら幸せ

毎度、そんな感じです。

 

 

新富大生堂 : 事業ミッション

「お菓子の製造と販売を通じて生きている喜びと、生かされている不思議を表現する」

事業ミッションの詳しい内容はこちらから

http://shintomi-taiseido.com/recruit/

 

 

以前の記事はアメブロさんで

http://ameblo.jp/shintomi-taiseido/

この記事がいいね、と思ったらシェアして下さいね