スイーツTOC@新富大生堂

おはようございます。鹿児島県伊佐市のスイーツショップ

新富大生堂、三代目

トミーこと

新富哲郎です。

 

先日の8日は店休日をいただきまして

社内研修を伊佐市商工会の2階をお借りしまして

開催

スライド

TOCという制約条件から業務改善

テーブル

こんな感じのチップやサイコロボードを使い

経営をゲーム形式で行うんですよ〜

記入

で、ゲームが終わった時点で

何個売れたか?何個欠品したか?利益は出たか?を計算

決まったルールに従ったとは言え、1ゲーム2ゲームまでは散々(泣

 

で、ですね

通常なら其の後3ゲームに行くところですが

こちらの「たくらみ屋」のTOCでは2.5ゲームというのが存在

 

たくらみ屋ホームページ→こちら

 

自分たちでどのようにすれば会社が立ち直るか考えて

ゲームをしてみるというもの

するとですねA卓、B卓に分かれてたんですけど

A卓は見事改善!

がっつ

利益も出て、キャッシュも残りガッツポーズ!

 

で、結果を残せなかったB卓は企業視察

偵察

まぁそんなこんなを経まして

 

ボトルネックの重要性がわかったところで

業務フロー作成

フロー

 

チャート

 

で、ですね

ボトルネックの特定をしていくんです

確かにそこが良くなれば、すっごく良くなりそう!

 

 

と、いう風なボトルネックの特定にはたどり着かなかった感じで

なんだかちょっとモヤモヤしてますが

其のモヤモヤがいいかな〜と個人的には思ってます!

というのも、一つ明確になると考えるのをやめてしまいますからね

 

副産物的に他のものを改善されていくといいかな〜と

 

受けたスタッフは

「学ぶことの楽しさ」や「どうすればよりスムーズに商品を出せるか?」など

自分なりに考えていくことが増えているようです!

 

集合

シゲさん、とくいっち、かずみん、鳥ちゃんどうもありがとう!

 

 

で、ですね

とくいっちとかずみんはその後も残り新富大生堂の新年会に参加

翌日お新水俣まで送る車の中で

「なんでトミーはスタッフのみんなにTOCを受けさせたいと思うの?」

の質問に

◆会社を良くしたい

◆いつもの業務では出会えない人たちと出会う機会を増やしたい

◆学ぶ機会を与えたい

 

などなど出てきましたが

 

最終的なwhy?は

 

それぞれの可能性を発揮してもらうきっかけになればいいな〜

ということのようです!

 

 

 

 

ま、いい報告ができると思う

 

今、そんな感じです!

 

 

===============================

今後の季節のスイーツ販売予定

1月下旬

桜餅

858008_224154661042855_142563090_o

トリュフチョコ

16473328_1257185291046582_4541505613023576350_n

2月上旬

アップルパイ

16427576_1257184941046617_598093985759334996_n

2月1〜3日恵方オムレット

16406981_1253041501460961_5928550281121090205_n

 

 

===============================

おかげさまで販売開始から1年経ちました!

「伊佐錦」の黒麹仕込み「黒伊佐錦」を使用した

『黒伊佐リモーネ』

黒伊佐リモーネのページ

www.kagoshima-sweets.com

kuroisa-hp3

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

この記事がいいね、と思ったらシェアして下さいね