トミー的名刺の役割

こんにちは、鹿児島県伊佐市のスイーツショップ

新富大生堂、三代目

トミーこと

新富哲郎です。

 

先日、鹿児島市内で開催された守成クラブの1月例会にゲスト参加してきました!

 

その際に大名刺交換会というのがあって、

なんだか久しぶりに大量の名刺をいただいたわけです。

 

で、ですね

ワタクシの名刺、表

meisi2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

シンポーです!

 

と、思いきや

meisi3

 

 

 

 

 

 

 

 

実は見開き

このように、お菓子の画像を掲載してます!

 

で、もってですね

名刺ってどこの誰?だとか連絡先を知ってもらう

新入社員にとっては持っているだけで嬉しいなどなど

色々な要素があると思うんですけど

 

私トミー的には「興味を持ってもらうためのツール」

という意味合いが強く

 

 

 

 

写真のように色々やってます!っていうのをお伝えしたいことと

「興味を持って」一人でも足を運んでみようかな?

と思ってもらえたら嬉しいので

見開きの中にお菓子の画像を入れ込んでるんです。

 

あ、ちなみに見開きの画像、モザイクにしてるのは

もちろん何が写ってるんだろう?と

興味を持ってもらうためです(笑

 

ちなみに裏面は

meisi1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に来てもらう前提で

地図、空港やインターからのおおよその時間

「お近くに来られて場所がわからない時はお電話下さい。」

と入れてあります(笑

 

まぁ、この記事を書きながら

地図よりもQRコードの方がいいかな?

 

ブログもやってます→ゆる〜いブログやってますに変更がいいかな?

 

とも思いましたが

 

なぜ、今回名刺のことを書いたかというと

最近読んだ本の影響で抽象度をあげる大事さがあって

 

なんか抽象度上げて考えたものがあったかな?

と思い巡らせてみると

そういえば名刺は

名刺→情報をお知らせ→興味を持ってもらうもの

と考え

どうやった興味を持ってもらえるだろうか?という視点から作ったな〜と

 

ただ、問題もありましてですね

かさばる(名刺入れにあんまり入んない 泣)

コストがかかる(汗、大汗)

 

で、良かれと思って

見開きにしてるのにも関わらず、そのまましまおうとする人がいて

 

「実はこれ開きになってて・・・・」

と説明するときの気恥ずかしさ(汗

 

次作る時は見開きとわかるように、

ちょっと織り合わせをズラすか

「中身をチェック!」って入れるか?

 

などと思案する

 

今、そんな感じです

 

 

 

 

 

ちなみに本文とは関係なく

ルージュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は15センチのいちごのタルトのホール

「ルージュ・フレーズ」

 

この「ルージュ・フレーズ」抽象度をあげてみると

なんですやろ?

 

誰か、考えて下さい

 

 

重ねて、今、そんな感じです!

 

 

 

===============================

季節のプチガトー

オススメのドリンクは濃い目のコーヒー

濃厚なチョコレートケーキ「ショコラーデン・トルテ」との

マリアージュをお楽しみください!

choko

コーヒーとチョコが合間って

お口の中で香りが広がるのがたまらん!のです

===============================

見た目地味ですがファン多し!

記事に練りこんだ蜂蜜が味に深みをもたらしています。

和菓子

黒糖まんじゅう

 

 

===============================

桜餅販売開始しています!

858008_224154661042855_142563090_o

ピンクの可愛らしい桜餅

お皿に乗せるだけで映えます!

近日販売開始

トリュフチョコ

16473328_1257185291046582_4541505613023576350_n

2月上旬予定

アップルパイ

16427576_1257184941046617_598093985759334996_n

2月1〜3日恵方オムレット

16406981_1253041501460961_5928550281121090205_n

 

 

===============================

おかげさまで販売開始から1年経ちました!

「伊佐錦」の黒麹仕込み「黒伊佐錦」を使用した

『黒伊佐リモーネ』

黒伊佐リモーネのページ

www.kagoshima-sweets.com

kuroisa-hp3

 

=============================

 

この記事がいいね、と思ったらシェアして下さいね