コミュニティーのアイデアは〇〇トークに学べ!

こんにちは、鹿児島県伊佐市のスイーツショップ

新富大生堂、三代目

トミーこと

新富哲郎です。

 

先日、参加した

 

小水流佳菜卒論発表会「鹿児島県伊佐市における若者離れの現状と解決策」

にて知ったことなんですけれども

 

何十年、伊佐市を離れて

定年を迎えて地元に帰ってこようとしても

結構、コミュニティの壁(コミュニティに馴染めない)

という問題があり

帰ってくることを断念される方が多いらしいです。(初めて知りました)

 

まぁ、同級生と地元で、といっても30年40年と違う人生送ってたら

話噛み合わないかもしれないですね

 

で、ですね

その話をしてくれたのが南日本新聞の堀さん

 

実はコミュニティ作りには個人的に持っていた

アイデアを懇親会の時、堀さんにぶつけてみました!

 

トミー「コミュニテイ作りのことなんですけどアメトーークみたいに〇〇芸人みたいに

好きなもの縛りのコミュニテイがいいと思うんですけど」

 

堀さん「おお、それ面白いですね〜、イサトーク考えます」

 

 

 

みたいな流れになったんですけれども

 

まぁ、他にも居酒屋さんでも大阪で修行したみたいなことを

発信してると単身赴任の大阪出身の人がお客さんとして来店して

「大阪はどこで修行したの?」みたいな会話からコミュニティというか

つながりができる可能性もありますよね

(お店にとってもお客さんにとってもwin-win その点からすると店舗のコミュニティ

作りへの活用は欠かせないと思ってます)

 

 

それはさておきですね、

ここで感じたのは

堀さんの受け入れ力です。

(タイトルとは外れますが 笑)

 

まぁ、まぁコミュニティをアメトーク風にという

アホな提案(個人的にはマジな考えですけど〜)

 

仕事柄かと思いますが

相手の話を否定しない

「面白いですね〜」と興味を持って聞く

ということです。

 

普通は「面白そうだけど〜、でもそれってさ〜」

と聞きつつも否定が入ることが多いんですけど

 

そこはさすがだな〜と

 

気持ちよく話させて、さらに情報を引き出す

いろいろなところに出かけて、人間関係を深めて行く中で

勝手に身についたものかな〜と

 

実はその懇親会の席では

高校の先生と話ししてた時

意見を述べたら、おもむろにメモを取り始められ

ええ、マジですか?!

いや〜、できるだけその方のためになることを話したいと思いましたよ←単純(笑

 

 

 

人の考えを

「面白いですね」と受け入れるって

聞く自分にとっても、話す相手にとっても

いいことずくめだな〜

と改めて思った

 

タイトルと全く違った着地を見せる

本日のブログ

 

 

今日は、そんな感じです!

 

Sakura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初節句に「桜と桃」の二つ盛

化粧箱の関係もあり

27日までのご予約となりますので

3/3にお祝いをお考えの方はお早めに

 

 

 

 

 

 

 

 

===============================

 

お菓子に囲まれ

「楽しく働く」「ちょっと成長できる」と嬉しい!!

と思っているあなたへ

新富大生堂スイーツアドバイザー募集

adviser

 

 

 

 

 

 

 

 

===============================

焼き上がりの匂いががヤバイんですけど(汗

 

26fac7cc23d79a157311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売開始と、同時に

「横浜の息子に送りたい」とご予約

&

伊佐市からちょっと離れた職場の方が

数を募ってご注文くださったりと

嬉しいですね!

0995-22-0828(おやつや)にてお取り置きもしますんで

お取り寄せはこちら

 

===============================

 

 桜餅販売開始しています!

858008_224154661042855_142563090_o

ピンクの可愛らしい桜餅

お皿に乗せるだけで映えます!

 

=============================

「伊佐錦」の黒麹仕込み「黒伊佐錦」を使用した

『黒伊佐リモーネ』

黒伊佐リモーネのページ

www.kagoshima-sweets.com

kuroisa-hp3

 

=============================

この記事がいいね、と思ったらシェアして下さいね